トレーニング 陸上競技 ランニング

「スプリントスロープボード」を使用したスタートテクニック

日本代表選手の指導にもあたっている土江寛裕氏(日本陸連強化委員会男子短距離副部長・東洋大学陸上競技部監督)監修。 スプリントの優劣を決してしまう程重要視されている"スタートテクニック"を磨くトレーニングを紹介します。 「崩す、支える」という点にフォーカスして、ストライドを無理なく伸ばすのに有効な「スプリントスロープボード」を使用します。
再生開始後、再生リストよりチャプタを選択できます。

内容

1.オープニング

2.基本トレーニング①ウォームアップ/倒れこみ/中腰/スタンディング/3ポイントスタート

→基本的な動作で重心の移動と「崩す」感覚をマスターする。


3.基本トレーニング②マーク付き3ポイント

 →マークの位置に合わせてスタートダッシュを行い、徐々にストライドを伸ばしていく。


4.応用トレーニング①スターティングブロックを使用する

 →大きなストライドで重心を崩す動きを、実際にブロックを使って行う。


5.応用トレーニング②パワースレッドを使用する

 →負荷をかけたスタートと交互に行うことで、楽な動作とパワフルな動作を併せ持つ感覚を­身につける。


6.エンディング

この動画と関連した商品

PAGEID:3299

トップに戻る