トレーニング 陸上競技 ランニング

跳躍選手編!ジャンボメディシンボールトレーニング

跳躍選手向けジャンボメディシンボール活用術! 近年、陸上競技界で注目されているジャンボメディシンボールを使用したトレーニング。 筑波大学R&Dコア吉田孝久コーチ(元走高跳日本記録保持者)が短距離選手向けのトレーニング法をご紹介。
再生開始後、再生リストよりチャプタを選択できます。

ボールのすくい上げトレーニング

腸腰筋を意識した脚の振り上げトレーニングです。
基本編は壁に向かい、ボールをすくい上げるように蹴り上げます。
応用編では、広い場所でボールを蹴り、振り上げ脚をそのまま前に出してレッグランジの姿勢を取ります。

ニー・キック

「踏切脚」の伸展と「振り上げ脚」と「腰」の動きの連動性を高めるトレーニング。
基本編ではボールを膝の少し上で蹴り、応用編ではプライオボックスなどを使用して、よりダイナミックな動きでおこないます。

ボールスロー

腹筋と内転筋をつかったトレーニング。
基本編では、地面に腰をつき、脚に挟んだジャンボメディシンボールを前に投げます。
応用編1では、鉄棒などにぶら下がった状態で脚に挟んだジャンボメディシンボールを前方に投げる動作をおこない、
応用編2では、立った状態からボールを脚に挟んでジャンプしながらボールを前に投げます。

ボールキック

脚の伸展力をダイナミックに強化するトレーニング。
パートナーにパスしてもらったジャンボメディシンボールを蹴り返すトレーニング。
応用編では、鉄棒などにぶら下がった状態でより体幹を意識しておこないます。

この動画と関連した商品

この動画は、ジャンボメディシンボールを使ったトレーニングの一例を紹介しております。 株式会社ニシ・スポーツ、製作者並びに商品販売店は、この動画で紹介した全てのプログラムとその効果を保証するものではありません。 またこの動画の内容のいかなる実施結果についても、当方では一切の責任を負いませんのであらかじめご了承ください。 トレーニングを実施するには、適正な指導、または医師の指導のもとでおこない、事故や傷害の発生には十分にご注意ください。 この動画で紹介したトレーニングの実施に伴う事故や傷害については、当方では一切の責任を負いませんのであらかじめご了承ください。 ジャンボメディシンボール

PAGEID:3297

トップに戻る