写真判定装置

NMF2000W RGBフィニッシュコーダー 2カメラシステム(式)¥19,250,000(税込)

JAAF承認品

■ 日本陸上競技連盟競技規則では、「原則として」年1回の検査が義務づけられております。

NMF2000V RGBフィニッシュコーダー 1カメラシステム(式)¥9,790,000(税込)

JAAF承認品

■ 日本陸上競技連盟競技規則では、「原則として」年1回の検査が義務づけられております。

2カメラで撮影した画像を、1モニター2画面表示が可能

アウトサイド・インサイドで撮影した2つの画像を、1モニター2画面上下表示できるので、微妙な判定をアシストします。
※あらかじめ、2台の写真判定装置の同期が必要 ※全録画には非対応

撮影画像を再生できる専用PCを標準装備

競技進行を気にすることなく、確認したい過去のレースの画像再生が可能です。
※NMF2000W・Vそれぞれに各1台の標準構成
※判定結果は、メイン・サブとは別保存先
※本PCは、メイン・サブと隣りあった場所への設置

「NANS21V」陸上競技大会運営システム(別売り)との連動機能により、運用負荷軽減・判定をアシスト

「NANS21V」陸上競技大会運営システム(別売り)から「種目登録」「空きレーン」「スタートリスト表示」の情報取得ができるので、写真判定員の運用負荷軽減・判定をアシストします。
※既存NANS21Vとオンラインの場合、NANS21V端末の初期設定が必要
※本機能により写真判定員の作業軽減、判定のしやすさが向上しました。写真判定装置買い替え時、陸上競技大会運営システム(NANS21V)の導入をご検討ください。

1.「種目登録」

陸上競技大会運営システム(NANS21V)よりタイムテーブル情報を取得し、「種目登録」へ割り付けができるので、競技会前の準備作業が軽減できます。
また、種目登録用画面の左右2画面表示により、表示できるレース数が多くなったのも特長です。
※1日ごとの取得が可能

2.「空きレーン」

陸上競技大会運営システム(NANS21V)より欠場者や空きレーンの「ロールコール」情報を取得し、「空きレーン」割り付け機能により、参加人数や欠場者レーンを把握できるので、スムーズに判定作業ができます。

3.スタートリスト(レーン・ナンバー・競技者名・所属)画面表示

陸上競技大会運営システム(NANS21V)より「スタートリスト」データを取得し、「レーン」「ナンバー」「競技者名」「所属」の画面の表示機能により、腰ナンバー標識が見えにくいときに、これらの表示情報を確認しながら判定作業が可能です。

NMF1000シリーズから画面配置・操作性の大きな変更がないので、買い替え時にも操作がわかりやすい
動作中の撮影データ全保存機能
スタート信号の検出時刻を全記録
「エリアカメラ」によるカメラ遠隔操作
カメラ本体に5.7インチ液晶モニターを採用
ゼロ・コントロールテスト対応
多機能グリップスイッチ
日本陸上競技連盟競技規則
撮影画像自動カット機能
各種機器とオンラインデータ転送
選択できる録画モード
1/1000秒同着処理の実装
判定終了前に次レースのスタート・フィニッシュが可能
撮影後のコントラスト調整機能
判定画像JPEG出力
判定タイムから録画画像へジャンプ
判定結果の自動印刷

写真判定装置 インサイドカメラ

競技者が僅差でフィニッシュラインを通過すると、アウトサイド(トラック外側)カメラ画像では、競技者が重なってトルソー・腰ナンバー標識が隠れてしまい、正確な記録・着順の判定が難しい場合があります。 インサイド(トラック内側)カメラを設置・撮影することで、アウトサイドカメラで判別しにくいトルソー・腰ナンバー標識を確認しながら、正確な記録・着順判定をアシストすることができます。

写真判定装置 ホームストレート逆走システム

短距離競技では、風が記録に大きな影響を与えます。記録更新・標準記録突破を目指して大会に臨むも、条件に恵まれず、向かい風により記録へのチャレンジが難しい条件でのレースがあります。日本陸上競技連盟競技規則改正により、トラックの検定を取得、審判の諸設備が整えば、直線競技に限り、逆走が可能になりました。

【ご注意】弊社販売の電子機器は、自家用電気工作物から給電されている施設しか、ご使用いただけません。

トップに戻る