トレーニング 陸上競技 ランニング

 競技器具・トレーニング機器の除菌方法について(20/6/17)

競技器具・トレーニング機器の除菌方法について

新型コロナウイルス感染症予防などのため、社会体育施設にある「競技器具」や「トレーニング機器」への除菌対策がされるようになりました。スポーツ庁のまとめている「社会体育施設の再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」、経済産業省及び独立行政法人製品評価技術基盤機構(nite)において、効果的に除去できるとされている対策やお手入れ方法など、公開された資料に沿って実施することをお勧めいたします。

公開資料(随時更新されています)

スポーツ庁 : https://www.mext.go.jp/sports/

【社会体育施設の再開に向けた感染拡大予防ガイドライン(2020年5月25日改訂)】

https://www.mext.go.jp/sports/content/20200514-spt_sseisaku01-000007106_1.pdf

経済産業省 : https://www.meti.go.jp/

独立行政法人製品評価技術基盤機構(nite): https://www.nite.go.jp/

【新型コロナウイルス対策(2020年5月28日改訂)】 : https://www.nite.go.jp/data/000109484.pdf

【NITEが行う新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価に関する情報公開】

https://www.nite.qo.jp/information/koronataisaku20200522.html

「競技器具」「トレーニング機器」の除菌方法について

★除菌される際は、マスクと手袋を着用ください。

◆陸上競技用器具

希釈されたアルコール・エタノール系の消毒液で除菌してください。

◆マット類

希釈されたアルコール・エタノール系の消毒液で除菌した後、から拭きをしてください。

◆フレームやシャフト

希釈されたアルコール・エタノール系の消毒液で除菌してください。

◆樹脂製カバー

希釈された次亜塩素酸ナトリウムで除菌してください。 

◆その他のトレーニング器具

希釈された次亜塩素酸ナトリウムで除菌してください。 

◇効果が期待できる洗剤リストや洗剤の希釈方法(倍率)については

上記(nite)の【新型コロナウイルス対策(令和2年5月28日改訂)】ホームページを参照ください。

注)希釈方法(倍率)を誤って除菌をすると、製品によっては「色落ち」などの「ダメージ」が発生する恐れがあります。

注)「カビ」や「サビ」も発生させないため、消毒液や使用後の汗など水分が残らないようにしてください。

注)関係省庁の情報は日々更新されています。最新の情報をご確認ください。

PAGEID:4425

トップに戻る